【観葉植物】ハイドロカルチャー製テーブルヤシを育てるレビュー/オススメ点

今回は東京寿園マガジン様(https://magazine.tokyo-kotobukien.jp/)のご厚意でハイドロカルチャー製の観葉植物をおひとつお譲り頂けるとお話がありまして、テーブルヤシを選ばせて頂きました。

今までの観葉植物

私がこれまでに所持している観葉植物はエコポチ製のものが二つ、普通の土のガジュマルを所持していました。それらの記事につきましては下記をご覧ください。

テーブルヤシ

そして今回頂いたテーブルヤシがこちらです。

こちらもガジュマル君に負けず劣らず可愛いですね^^

今回はハイドロカルチャーという事でエコポチ製よりも小さなサイズになってます。↓でエコポチ製と比較してみました。上のはアップで撮っているので比較してみるとポケットサイズですね^^

テーブルヤシとは?その育て方

基本的には下記サイトをご覧ください

テーブルヤシの花言葉と風水|花が咲く観葉植物?種類や品種は?
テーブルヤシの育て方|枯れる原因や植え替えの方法は?

これを読んでみると花言葉は「あなたを見守る」です!ガジュマルやパキラはどちらも健康快活/金運アップみたいなイメージでしたが、テーブルヤシは同じ観葉植物でも結構違うんですね!

水やりのタイミングも普通の土やエコポチ製ならガジュマル・パキラとあまり変わらないくらいみたいですね。ただ、今回はハイドロカルチャー製ということで若干異なるかもしれません。

後はガジュマルと違い、テーブルヤシは剪定がない事があげられます。

ハイドロカルチャー

それでは今回初となるハイドロカルチャーはどんな感じのものなのでしょうか?これについては今回話を頂いた東京寿園マガジン様の方に記事がありましたのでそれとリンクしたいと思います。

観葉植物を育てやすくするハイドロカルチャーとは?おすすめの品種まで解説

見た感じ、ハイドロボールという特殊なボールを使って専用の器を鉢として使ったものみたいですね!ハイドロカルチャー自体は100均のものだけで作成できるそう。カラフルなものと組み合わせてもいいみたいなのでもっとキレイなハイドロカルチャーを自作することも可能ですね!

水やりのタイミングだけはエコポチ/普通の鉢よりシビア?

テーブルヤシを受け取った際に育て方を書いた紙もついてきました!

届いたばかりで慣れてないせいもありますが、水がなくなってからあげると良いとなっていますが、どれくらいの期間でそうなるかはわからないため、最初は手探りになるかもしれません。

エコポチ製や通常の鉢植だと水をあげすぎた分は底から出てくるため、水やりのタイミングは一定ですが、ハイドロカルチャー製は水をあげすぎても底から出てきたりしないので通常の鉢よりはタイミングに気をつけた方がいいかもしれませんね。

まとめ

今回頂いたテーブルヤシも育てて時間が経ったらどんな感じに生長していくか見ていきたいと思います。生長したら記事を更新していきますのでよろしくお願い致します。

東京寿園マガジン様(https://magazine.tokyo-kotobukien.jp/)ありがとうございました!