【Futurizm(フューチャリズム)】実際に利用した評判/口コミと異なる点

私は2021年2月にフリーランスデビューして 【フューチャリズム】 経由で案件に参画しましたが、2022年4月に取引が終了しますので実際に取引して思ったことを記載します。

Futurizm(フューチャリズム)

  • 支払いサイト:15日(月末締め翌月15日払い)
  • 手数料(中間マージン):非公開
  • 首都圏を中心に2000件以上のフリーランス向けの案件を保有。
  • 福利厚生:なし

口コミサイトでの評判

口コミサイトを見ると目につくのは大半が「高単価」「案件が少ない」「常駐案件が多い」「実務未経験者には紹介してもらえない」でした。
今回はその口コミとのギャップも含め、解説させて頂きたいと思います。

Futurizmは本当に高単価なのか?

こちらはフリーランススタートで見たFUTURIZMのデータです。このデータを用いて本当に高単価が多いのか調べてみたいと思います。

2022年4月現在:4710件の求人

Futurizm分布内訳

フリーランススタートの分布図を見ると90万以上のは殆ど存在しないことがわかります。

30万円~ 7件 0.1%
40万円~ 75件 1.6%
50万円~ 384件 8.1%
60万円~ 1729件 36.7%
70万円~ 1972件 41.9%
80万円~ 464件 9.9%
90万円~ 54件 1.1%
100万円~ 25件 0.5%

レバテックフリーランス 分布内訳

22665件保有するレバテックの内訳は以下でした。

30万円~ 200件 0.9%
40万円~ 846件 3.7%
50万円~ 3803件 16.8%
60万円~ 6238件 27.5%
70万円~ 5362件 23.7%
80万円~ 3721件 16.4%
90万円~ 1427件 6.3%
100万円~ 288件 1.3%

ギークスジョブ 分布内訳

3685件保有するギークスジョブは以下のような感じです。

30万円~ 2件 0.1%
40万円~ 31件 0.8%
50万円~ 326件 8.8%
60万円~ 1101件 29.9%
70万円~ 901件 24.5%
80万円~ 730件 19.8%
90万円~ 432件 11.7%
100万円~ 123件 3.3%

Midworks(ミッドワークス)分布内訳

9996件保有する Midworks(ミッドワークス) は以下になります。

30万円~ 126件 1.3%
40万円~ 535件 5.4%
50万円~ 1425件 14.3%
60万円~ 3501件 35.0%
70万円~ 1474件 14.7%
80万円~ 931件 9.3%
90万円~ 549件 5.5%
100万円~ 734件 7.3%

80万円以上の案件分布まとめ

基本高単価判定してもよい80万円~の比率は下記の通りです。

Futurizm 11.5% 圧倒的最下位・・・しかも福利厚生なし
レバテック 24.0% 知名度No.1のフリーランスエージェント
福利厚生有
ギークスジョブ 34.8% 担当人数/福利厚生が厚い
Midworks 22.1% 社会保険料に関する補助有りの福利厚生

結論:フューチャリズムが高単価が多いは嘘

以上の統計からFuturizmは高単価案件保有率が他福利厚生有エージェントと比較してもダントツの最下位であり、高単価案件目当ての登録はオススメできないと言っていいでしょう。

実際私も Futurizm で仕事を探していた時はほぼ全てが55万くらいの提案が多かったです。殆どが2次請け以降でした。2次請け等、売上に直接関わる「商流」に関して知りたい方は下記記事を参照してください。

Futurizmは本当に案件が少ないのか?

Futurizmの案件保有数は4710件なのでギークスジョブよりは多く、Midworksよりは少ないです。そこでスキル分布を見てみましょう。

フューチャリズムのスキル分布

レバテックのスキル分布

Futurizm はトータルは多くないもののC#案件には強いエージェント

同じようにギークス/Midworks のスキル分布を見ましたがC#はTOP10にすら入っていませんでした。

実際、緊急事態宣言中の対応に強かった(初回面談から一週間でオファーまで)

前述した通り、私は去年の2月にフリーランスになりました。これは時期的に都内でのコロナ感染者が初めて1000人を突破して2度目の緊急事態宣言が発令中のことです。

この頃は一時的にIT系の案件が激減していて相場は5万円~10万円ダウン。エージェントからは「買い手市場」とまで呼ばれていました。

この頃既にレバテックフリーランス、ギークスジョブ、フォスターフリーランスに登録していましたがどれも殆ど案件の提案もない状況で、仕方なく追加でエージェント登録をすることにしました。その中に【フューチャリズム】も入っていました。

下記日程の通り進み、登録からオファーまで最短で動きが早かったのが助かりました。しかも同時2社からオファー頂きました。この時トータル11社登録しましたがダントツの動きでしたね。

2021/1/18 16:00 フューチャリズム 初回面談 Futurizm案件提案1件
2021/1/19 11:00
13:30 
16:00 

DYMテック
ポテパン
商談 → 見送り

初回面談
初回面談
レバテック
Futurizm案件提案5件
2021/1/20 11:30
13:00
15:00
Midworks
エミリーエンジニア
エンジニアルート
初回面談
初回面談
初回面談
Futurizm案件提案4件
2021/1/21 13:00 Midworks 案件ヒヤリング Futurizm案件提案6件
2021/1/22 16:00 join 初回面談 Futurizm案件提案3件
2021/1/25 16:00
17:30
商談1回目
商談
Midworks
フューチャリズム
Futurizm案件提案2件
2021/1/26 13:00
15:00
商談 → オファー
商談 → オファー
フューチャリズム
フューチャリズム
 

以上のことから世の中の逆境に強く、C#には強いです。C#なら実務経験1~2年くらいで案件つける気がします。

常駐案件が多い/未経験には紹介してもらえない

正直、こちらはレバテック等他エージェントと傾向が変わらない気がします。私が今月まで入っていた案件はコロナ関係なくフルリモートワークでしたし。今や多くは常駐/リモートの半々というのが多いと思いますのでフルリモートワークはC#/Java技術者では難しいと思ってます。

その他よかった所

  • ある程度エンジニアの視点に立った案件提案をしてくれ、応募を強制するようなことはしない
  • 単価に関しては相談すれば柔軟に対処してくれる。

エンジニアの立場に立った案件提案をしてくれる

初回面談終わって始めは少しでもスキル記載があるものに関しては積極的に提案してくれます。その中から距離/環境/希望でないスキルの業務などを理由に見送った場合に次回からはその希望をフィードバックした案件提案をしてくれるため、非常にエンジニアファーストです。また、エージェントによってはまったくスキル経験のない広告としか思えない案件提案メールをよこす所もありますが、 Futurizm さんはそんなこと絶対しないです。

単価に関しては柔軟に対応してくれた

最初に私が参画した案件は本来税込55万の案件でしたがFuturizmさんは最初の取引という事で56万円にしてくれました。これは Futurizm さん側がマージンのうち1万円を諦めてくれたという事になります。Futurizmさんは確かにマージン率非公開ではありますが、こういった柔軟な対応をしてくれたのは嬉しいですね。

まとめ

個人的には緊急事態宣言中は非常にお世話になりました。しかし今や レバテックフリーランス の提案力もすっかり回復し、C#案件の仕事はまったく困らなくなりました。統計で見ても Futurizm は高単価に強いと言えないですし、福利厚生もないので親身ではあるものの、あえて選択する理由はなくなりました。

よってFuturizmをオススメするエンジニアは「実務経験2年未満のC#エンジニア」に限定すると思います。この場合は55万前後の単価で多くの案件を紹介してもらえます。